RaspberryPi2 [KeDei 3.5 inch 480×320 TFT LCD] 導入

先日、Raspberry Pi用3.5インチTFT液晶を購入しました。

データシートが付属していない & 情報が少なかったため、導入手順をまとめておきます。

1.ドライバのダウンロード

KeDei LCD Raspberry Pi Driverから、LCDのversionに対応したドライバをダウンロードします。

LCD_version

2.起動と導入

LCDをRaspberry Piに接続して起動します。

USBやSCPを用いて、Raspberry piにダウンロードしたファイルを転送します。

ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

ファイルの展開

$ tar -xzvf LCD_show_v5.tar.gz

ディレクトリの移動

$ cd LCD-show_v5

ファームウェアの更新

$ sudo apt-get update

実行

$ sudo ./LCD35_v5

再起動して画面が表示されれば導入完了です!

コメント

  1. 阿部 より:

    大変参考になる投稿ありがとうございます HDMIに表示を変えたい場合は
    どのようにするのでしょうか? 宜しくお願いします

    • kuroppe より:

      HDMI表示に戻す場合は申し訳ないのですがまだ分かっていません。分かり次第ブログに投稿したいと思います。

  2. 阿部 より:

    お返事ありがとうございます 実は他の液晶ですが HDMIとLCD同時表示ができまして
    この液晶もできないかなーと思っていました ラズパイOS lubuntu ubuntu mate
    で動いています アマゾンでよく見かける waveshare 3.2 3.5 インチです
    宜しくお願いいたします

  3. abe より:

    下記方法で切り替えました
    sudo leafpad /usr/share/X11/xorg.conf.d/99-fbturbo.conf
      
      ”fbdev” “dev/fb0″ 液晶表示
      ”fbdev” “dev/fb1” HDMI表示
      
      セーブ後 再起動で 液晶/HDMIいずれかの表示になる