北陸の初心者向け登山:赤兎山に行ってみた

北陸は11月末から雨やらみぞれやら天候が悪くなってきます。そこで、天気が悪くなる前に体を動かしたくなりましたので初心者向けの登山に向かいました。

北陸で景色も楽しめる山を探したところ、赤兎山っていう山がありました。画像検索してみるととっても景色がよく紅葉や湿地が楽しめるそうです。11月3日に行ったのですが、紅葉にしては少し遅い気もしますが行ってみました。

自然がいっぱい赤兎山登山開始

赤兎山登山口

これは登山口です。
事故やけがの内容に登山道にいるお地蔵さんにお参りをしていきました。

登山口付近

登り始めてすぐにきれいな黄色に紅葉した木々が見えてきました。北陸といっても11月ともなると気温も下がってくるので紅葉はほとんど終わりかけでした。京都などの近畿地方ではまだ楽しめるみたいなのですが…

小川が多数出現!!

足元を這うような小さな小川やしっかりと小さな滝のようになっている場所が多数ありました。見てわかる通り水がかなり透き通っていたので飲んでみました。結構おいしかったですが飲む際は自己責任でお願いします。

ミラーレス一眼をせっかく持って行っていたのでらしい写真を撮ってみました。三脚を持って少し手ぶれしていますがご了承ください。

道案内の標識が

分かれ道にはしっかりとした道案内の標識があったので安心して迷うことなく登山を楽しむことができました。しかし、周りを見てください。雪がちらほら積もっています。ランニングシューズとウインドブレーカーできたことを後悔しましたが、せっかく来たので山頂を目指しました。

山頂に到着

あれ!天気が悪い・・・

さすが北陸ですね!(笑)あたり一面白のみです。登山は冬以外で楽しむものですね!2017年はハイシーズンでリベンジしたいものです。あるはずの湿地も雪に隠れてわかりませんでした。

まとめ

やっぱり登山は天気がいい日に行くに限りますね。北陸はなかなか天気が良くならないので快晴の時に登山ができればラッキーなくらいなんですがね!

北陸は海があり海鮮などが有名な印象がありますが、山もあり山のおいしいものも味わうことができるなど山にも魅了があることを再確認させられました。冬場は運動不足になりがちなので暖かくなる春には登山などを始めてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする